特定非営利活動法人 テクノロジー犯罪被害ネットワーク

各種技術資料

技術資料(海外)

PDFファイルを表示
No. 資料名 詳細
43 Colonel Yuriさんから石橋輝勝へのメール文 PDFファイルを表示
42 国連人権員会ニルス・メルツアー氏報告 PDFファイルを表示
41 プライバシーの侵害(Invasion of Privacy) PDFファイルを表示
40 脳は21世紀の戦場である! PDFファイルを表示
39 ワシントン州フュージョンセンターが偶発的に遠隔マインドコントロールに関する記録を流出させる? PDFファイルを表示
38 アメリカ大使館員の体調不良の原因はマイクロ波攻撃が最も疑わしい PDFファイルを表示
37 ラウニ・キルデ博士発言集 PDFファイルを表示
36 トーマス・ジマーマン:人体通信 PDFファイルを表示
35 ラウニ・キルデ博士:マイクロ波によるマインドコントロール PDFファイルを表示
34 ラウニ・キルデ博士:マイクロチップインプラント PDFファイルを表示
33 DHSとの契約に基づいたロシアのマインドコントロール研究 PDFファイルを表示
32 バリー トゥロワー氏 米国公立学校でWiFi使用を禁止する方向への改正宣言 PDFファイルを表示
31 2002年宇宙空間保全法 PDFファイルを表示
30 元FBI特別捜査官Ted L.Gunderson氏証言 PDFファイルを表示
29 心にファイアーウォ―ルはない PDFファイルを表示
28 ジェシィ・ベントゥラの陰謀のセオリー「脳侵略者」 PDFファイルを表示
27 特定の非殺傷兵器(fn 1)の生体効果 PDFファイルを表示
26 プラウダ「HAARP、地球規模の脅威に」 PDFファイルを表示
25 「秘密情報機関による秘密偵察と電磁波による拷問」 PDFファイルを表示
24 インタビュー「マイクロウエーブ技術の危険性」 PDFファイルを表示
23 束縛 PDFファイルを表示
22 行動コントロール PDFファイルを表示
21 脳の電気刺激と心理的反応 PDFファイルを表示
20 新型監視システム PDFファイルを表示
19 遠隔計測法(テレメトリー)の時代 PDFファイルを表示
18 生命倫理問題に関するアメリカ大統領諮問委員会 PDFファイルを表示
17 デルガド:「心の物理的コントロール」 PDFファイルを表示
16 「MKULTRA」の犠牲者の証言(動画) 動画を見る
15 人の認知への影響:米国の電磁兵器と人権 PDFファイルを表示
14 マインドゲーム PDFファイルを表示
13 歯科インプラント PDFファイルを表示
12 ロシアのマインドコントロール兵器に対する法整備 PDFファイルを表示
11 目に見えない戦争 PDFファイルを表示
10 変調された電磁波エネルギーに対する人間の聴覚システムの反応 PDFファイルを表示
9 電磁スペクトルの軍事的利用 PDFファイルを表示
8 ニューロフォン(神経通信) PDFファイルを表示
7 神経科学の進展と人権への脅威 PDFファイルを表示
6 新監獄コントロール・システム PDFファイルを表示
5 音響スポットライトのなかで PDFファイルを表示
4 Symbionic Minds PDFファイルを表示
3 Mind Machine. PDFファイルを表示
2 Becker:脳内映像技術 PDFファイルを表示
1 何もないところから音が聞こえる PDFファイルを表示

技術資料(日本)

資料名 詳細
人間をリモートコントロールする技術 今年、某N社では人間をラジコンのようにリモートコントロールする技術を発表しています。 しかし、日本では体感ゲームの紹介の一部分でしかありませんでした。
CNNなどの海外での報道では、リモートコントロールという言葉が使用されています。(他のサイトにも記事が残っているところがあります。)
また、この技術の特徴として、耳の後ろ側に電流を流すようです。それによって内耳を刺激し、平衡感覚を調整すると記述されています。
海外のページでは、自分の意思に反して体が勝手に動くとの記述もされています。
このような技術は以前にも日本の会社が発表しているとのことです。
人工内耳 声の被害の方には、この技術は知ってもらいたいと思っています。
人工内耳は簡単に言うと人間の内耳の代わりをするものです。
これは以下の手順で、声や音を知覚させるものです。
①音声を電気信号へ変換
②変換された電気信号を送り、脳へ声や音を知覚させる
このパターンを取得され、電磁波に乗せて声を送信されている可能性はかなり高いと思っています。(または、電流などに乗せてかもしれませんが、要は内耳を刺激できれば言い訳です。)
これだけだと単純ですが、実はこの人工内耳は人によって聞こえやすい、聞こえにくい刺激パターンがあります。
そのため、よく声被害の人は「なぜ自分にだけ声が聞こえるのか?」という疑問を持ちますが、電気信号を送られているとしたら、それは当人に合った刺激が送られている可能性があります。
障害物があっても人間を見つける技術 この製品には有名なのがあり、「シリウス」と呼ばれています。
シリウスは災害時に人命救助の目的で作られたものですが、悪用すれば人体の行動を追うことのできる危険なものとなります。
この原理は電磁波の反射波から人の心臓の鼓動を取得し、生命反応を見るというものです。
同じような製品には、「ウォークスルーレーダー」と言うものがあります。
これはシリウスと同様電磁波を使用するものですが、次世代の通信のUWBを使用します。
これは壁越しでも生命体を検知できるものです。
結局、安価な一般的な技術でも「シリウス」のようなことは出来るということです。

お問い合わせ

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークは、「テクノロジー犯罪」と「嫌がらせ犯罪」の撲滅に取り組んでいる団体です。当会はNPO団体ですから、NPO法で、宗教活動と政治活動を禁じられております。















特定非営利活動法人
テクノロジー犯罪被害ネットワーク


[東京事務局]
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋2-9-6
東西館ビル本館47号室

TEL 03-5212-4611
FAX 03-5212-4611

[事務所対応可能時間]
火曜日:14~17時
木曜日:14~17時
土曜日:14~17時

>お問い合わせはこちらから
>事業報告書・活動計算書等
PAGE TOP